HOME > 宝善院とは

宝善院とは

宝善院

宝善院

黄檗山萬福寺の北西に位置する塔頭寺院。
江戸時代初期元禄3年(1690)に独振性英禅師によって創建。
明治8年(1875)に陸軍省の火薬貯蔵庫建設用地として政府に収接され、現在の地に移転。
境内には、干支の守本尊である八体の佛様を安置。参られた方の一生一代の安寧を護持いただけると伝わっている。
本堂には、中央に釈迦牟尼仏。脇に、独振性英禅師と蒲庵浄英禅師を祀る。

独振性英禅師(1610-1694)。当院開基。当の大通事を勤め、後に、剃髪をし1676年に宗祖隠元禅師の直弟子にあたる独吼性獅禅師の法を嗣ぎ当院の建立に至る。
長崎の崇福寺の一峰門(国宝)、中川橋等アーチ石橋三橋の建立、また廣善庵の建立にも尽力した。

蒲庵浄英禅師(1722-1769)。当院第五代住持。
本山萬福寺、第二十三代住持も勤める。
伊藤若沖と親交が深く、若沖筆の肖像画も残る。

独振性英像

独振性英像/当院所蔵

独振性英像

蒲庵浄英像 伊藤若沖筆・蒲庵自賛/京都萬福寺所蔵


黄檗宗

坐禅を基本とし、行を修する禅宗。
臨済宗、曹洞宗とともに、日本の三禅宗の一派で、本山が黄檗山萬福寺。

宗旨は、"唯心の浄土 己身の弥陀"。

宗祖は、江戸時代初期に中国の福建省福州にある黄檗山萬福寺(古黄檗)の住職であった隠元禅師。日本からの度重なる招きに応じ、当時の中国禅を伝える為 1654年に長崎に渡来。後に徳川幕府・後水尾法皇にも帰依を受け、1661年に徳川家綱公よりこの宇治の地に寺領10万坪を賜り、この教えを寸分違えず 伝えるという思いもあり、古黄檗と同じ山号・同じ寺号の黄檗山萬福寺を開山。そして、ここを本山とし、黄檗宗の法統を永々脈々と受け継ぎ今日に至る。

八佛の一体"普賢菩薩"

八佛の一体

干支の守本尊八佛とは、ご自身の生まれ年の干支によって、守護してくださる佛様が定まっております。
お参りされた各位の一生一代の安寧が護持されると伝わっております。

詳細はこちら

当院庭"廣化庭"

当院庭

陰陽の二席の庭を配しております。"陰"には鞍馬石のつくばいと、周りに黒石をしきつめ、又"陽"には黒松を中心に、緑陰の苔と白砂をしきつめております。