HOME > 宝善院便り > アーカイブ > 2017年11月

宝善院便り 2017年11月

第24回ひとやすみ~鉄眼一切経版木収蔵庫拝観~ 於:宝蔵院(京都府宇治市)

11月26日、聚光会主催の第24回ひとやすみが開催されました。
今回は、塔頭宝蔵院様の鉄眼一切経版木収蔵庫の見学に始まり、家元師範の高日先生による番茶手前・法話がなされました。

鉄眼一切経版木収蔵庫は、お経である一切経を日本に広める為に日本初の木版の印刷技術を開発した場所です。それに伴い、今現在も広く使われている400字詰めの原稿用紙や明朝体のもとが出来ました。その版木収蔵庫には、約6万枚の版木があり、今もなお手作業の印刷が行われています。
参加者の方々は、版木で刷られた活字のあたたかみを感じたようでした。

収蔵庫の見学のあとは、家元師範の高日慶園先生によるお茶席です。今回は、番茶手前を行って頂きました。番茶手前では、皆様の前で茶葉を炙り、香も楽しませて頂きました。お茶菓子のおはぎに丁度良い苦みもありとても良いお茶でした。

高日慶園先生による番茶手前。茶葉を少し炙り、香も楽しませて頂きました。

次は、塔頭別報院の廣瀬尊之和尚の法話でした。毎回、聴く人を引き付ける法話をされます。
今回は、ご自身と一緒に修行した方の良い方向に変わっていく様の話をされていました。

ひとやすみの一コマ。塔頭別峰院の廣瀬和尚に法話を頂きました。

次回のひとやすみは、塔頭天真院様で写経を行います。
新年最初のひとやすみですので、大福茶もお愉しみいただけるものを計画中です。
大福茶は、新年の無病息災を願い頂く縁起物です。
次回のポスターが出来ましたら、こちらでもご案内いたします。

レモンカフェ 於:宝善院(京都府宇治市)

11月11日に、中宇治地域包括支援センター様主催のレモンカフェが当院で開催されました。
レモンカフェは、地域の方を対象に認知症の専門家からの正しい認知症への理解を深める場です。
今回は、22名の方が参加されていました。
13時半頃から参加の方が集まりだしました。
同じ地域の方ですので、見慣れた顔の方も参加されていました。

14時からは森田先生による紙芝居を使った、認知症についての話がありました。
宝善院でのレモンカフェ風景。森田先生による認知症への理解を深める講座。
時折、笑いを誘う講座に皆様真剣に聞かれていました。
認知症になられた家族への接し方や、今現在ある認知症の進行を遅らす方法の紹介をされていました。
進行を遅らすものは、薬と安心感らしいです。
薬は現在4種類あるらしく、もう間もなく新しいものもできるようです。
安心感は家族の協力も必要で、その協力には認知症への正しい理解というのが大切と話されていました。

講義の後は、鷹見先生による琴の演奏でした。
中学二年生のお弟子さんと一緒に、参加者の方たちが一緒に歌える民謡を演奏されていました。
宝善院でのレモンカフェ風景。鷹見先生による琴の演奏。
綺麗な音色が、書院に響いていました。
参加者の方も子供の頃から慣れ親しんだ曲を懐かしみながら歌われていました。

最後に、カフェということで一緒にコーヒーを頂きました。
私どもも一緒にお話しをし、皆様の仲の良さを感じながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。
宝善院でのレモンカフェ風景。当院からのご挨拶。
地域の方が集う場所として、宝善院がお役に立てれたことは大変嬉しいことです。
このご縁に感謝し、大切にしていけたらと思っております。
ありがとうございました。

【ご案内】第24回ひとやすみ~鉄眼一切経版木収蔵庫拝観~ 於:宝蔵院(京都府宇治市)

11月26日(日)10時より、聚光会主催のひとやすみが宝蔵院様で開催されます。
そのご案内です。



今回は、皆様がよくパソコンの文字等の普段馴染みのある明朝体と400字詰め原稿用紙のルーツである鉄眼一切経版木収蔵庫の拝観です。
六万枚以上の版木をご覧頂き、その文化に触れてもらいます。
拝観後には、坐禅と法話を計画しております。
そして、今回も家元師範高日先生のお茶をお愉しみいただきます。ほうじ茶の葉を皆様の前で燻し香も味わってもらえるものを考えてくださっています。

皆様のご参加をお待ちしております。

なお、お申し込みは電話にて受付けております。
聚光会事務局(宝善院内)☏0774-32-4683

ご縁に感謝

9月の中旬に、突然「ごめんください」という大きな声が宝善院に響き、玄関を開けると一人の女性が立っていました。
その方は地域の包括支援団体の方で、要件は11月に高齢者向けのイベントで宝善院を貸して欲しいという旨の内容でした。
レモンカフェというイベントで、演奏やお茶を楽しんだりされるものだそうです。
宝善院としては、地域の方がお寺に足を運んで頂けるのは嬉しいことですので、即了承しました。
それから2回程、宇治市の職員さんも交えて打ち合わせをし、明日にレモンカフェを開催いたします。
お越しの方たちが少しでも居心地が良いように、明日は朝から作務(掃除)です。

今回、宝善院を見つけて頂いたのは、数年前から行っている写経やヨガ・御朱印帳作りなどの会をしているのを新聞で見られたのが切っ掛けだそうです。そこから、飛び込みで宝善院に来られたそうです。
色々な会を続けてきて、こうして新しいご縁が出来たことは素直に嬉しいことです。
このご縁が、より良いものになることを願ってます。
当日は、皆さんと一緒にそのイベントを楽しめたらと思っております。
関係者の方、参加者様。どうぞよろしくお願い致します。

1

« 2017年10月 | メインページ | アーカイブ | 2017年12月 »