HOME > 宝善院便り > アーカイブ > 2018年12月

宝善院便り 2018年12月

新年の準備

本年も残すところ数時間になりました。
当院での新年の準備は終わり、新たな年を迎えるのを待つのみになりました。

本年一年間を表す漢字が『災』でした。
字の如く、大阪北部地震・西日本豪雨・台風21号等に被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
京都新聞記事等の通り、当院での坐禅会により義援金を募り、送らせて頂きました。又、当院に於いては、庫裡の屋根瓦の損傷はありましたが、事前にお墓への参道石畳の整備・樹木の剪定等を行い、事なきを得ました。
これも仏様のご加護・各位のご法援と深謝しております。

迎える年は已亥歳です。
禍(災)転じて福となす歳になります様ご祈念申し上げ、歳末の挨拶にかえさせて頂きます。


生きる意味ー夜坐法話[三]ー

ある方の疑問をお聞きしました。
人はなぜ生まれ、死んだらどこへ行くのか。
という問いでした。
その方は、死んだら魂はどのようになるのかを知りたかったのですが、そこにいくまでの問いです。
本日は、一つ、『生』についての意味を、私なりにお話致します。

生まれてきた理由ですが、たまたまこの世に生まれてきたのだと思います。生きる意味は、後から自分自身で見つけていくものです。
同じような質問は、よく聞かれます。
実は、仏教をお開きになったお釈迦様も同じことを問われています。
その答えは、「無記」と言われています。
要は、何も答えない。答えようがない。ということです。

お釈迦様が言われた、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」という言葉をご存知ですか。
この言葉は、過去現在未来また天にも地の果てにも自分という存在は、ただ一人ですよ。とても尊いものなのですよと説かれたものです。
同じようなことを説かれている仏像が御本山の萬福寺にあります。大雄宝殿(だいおうほうでん:萬福寺の本堂にあたるところ)の十八羅漢の中に羅晤羅尊者(らごらそんじゃ)という仏様がおられます。その方はお釈迦様の息子様で自分自身のお腹を開かれ、心の中の仏様の顔を見せられています。どんな人間にも仏様の心、仏心がありますよ。生まれたばかりの赤子でも仏心があります。とても尊いものなのですよといわれています。

私たちが、この世に誕生することは奇跡です。有難いことです。
そのことに気付き、また自分自身がどれだけ尊いものなのか、他の人がどれだけ尊いものなのかを気付きましょう。
そこで、人を大切に、自分を大切に生きていくことが大切だと思います。

どんな人間でも迷いというものが生じます。
迷って、迷って、随所に沢山のことを刻んで生きていきます。
生まれたことに理由はありません。
でも、生きた軌跡は残ります。
そこから、生きる意味というものが生まれてきます。
世の為、人の為、そして自分の為に良いと思う行いをした人ほど、その人が生きた意味は良いものになるのではないでしょうか。

どうぞ、間もなく迎える新年にあたり、この事を心のどこかにおいて頂けると幸いです。




平成30年12月23日月例夜坐分

【雑誌掲載】AFFLUENT2018Winter特集記事(京の隠れや)



アフルエント京都版11月号~本物を知る大人に~の特集ページにおいて宝善院が特集されました。
普茶料理を中心に、仏様・庭・御朱印について書かれていました。



ウェブサイトで記事がご覧になれます。
下記に紹介しておきます。

https://affluent-kyoto.com/archives/1487



1

« 2018年11月 | メインページ | アーカイブ | 2019年1月 »