HOME > 宝善院便り > アーカイブ > 宝善院

宝善院便り 宝善院

宇治市の観光を考える 於:京都文教大学(京都府宇治市)

12月9日に京都文教大学に於いての「宇治市の観光を考える」フォーラムに参加致しました。
クラブツーリズム株式会社顧問の宮本様よりのご招待でした。
そこでは、宇治市観光振興計画後期アクションの策定において、観光の質の向上についてや方向性を議論されていました。

パネリストは以下の方たちでした。
  • 宮本茂樹様(クラブツーリズム株式会社顧問・京都文教大非常勤講師)
  • 多田重光様(公益社団法人宇治市観光協会 専務理事)
  • 森田誠二様(ちはやぶる宇治の未来をつくる会 代表)
  • 柯 慈樹様(宇治市市民環境部商工観光課 課長)
  • 片山明久様(京都文教大学総合社会学部 准教授)
コーディネーターは、森正美様(京都文教大学総合社会学部教授・地域協働研究教育センター長)でした。

柯様は、今後の観光案内の機能の強化・宇治駅周辺以外の周遊観光の促進・民泊対策・インバウンド対策の強化を訴えておられました。
宮本様は、今後益々の訪日外国人が増える中で、今の日本観光のゴールデンルートとよばれる「大阪→京都市内→富士山→東京」から地方に拡散していくであろうとされ、それに伴い宇治市も一つの受け皿としての対策をしていくべきであると言われていました。また、学習などの体験型への移行も必要であると述べられていました。
森田様は、以前行った企画で、数名で平安装束を着て宇治を歩いたことを紹介されていました。その際、「インスタ映えする」と観光客に写真を撮られ、それがSNSなどで観光客自らが情報の発信をしていただけたことを話されていました。
片山様は、創造・表現の楽しみが最近の観光の流れになっていると述べられていました。
多田様は、インフラの更なる整備や案内の多言語化について述べられていました。また、宇治市の人口が減少しているのことを話され、これからは観光客が増えるまちが生き残るとされ、その方たちを優しく迎えるのが一つの道と話されていました。

宝善院では、訪日外国人への坐禅などの体験や普茶料理をお愉しみ頂く旨の話があり、大変参考になりました。
フォーラム終了後、宮本様や柯様たちと少し話をして頂きました。
その中で、柯様がフォーラム中に話されていた周遊観光の地として黄檗への取り組みも行っていくと言って頂きました。
とても有難く感じております。
京都文教大学で「宇治市の観光を考える」フォーラムに参加してまいりました。

今後、宇治市観光の政策が成功し、今以上に観光客が増えると混雑など不便なことが増えるかもしれませんが、宇治市の街が「観光客にも優しい街」であり続けていければと願っております。

レモンカフェ 於:宝善院(京都府宇治市)

11月11日に、中宇治地域包括支援センター様主催のレモンカフェが当院で開催されました。
レモンカフェは、地域の方を対象に認知症の専門家からの正しい認知症への理解を深める場です。
今回は、22名の方が参加されていました。
13時半頃から参加の方が集まりだしました。
同じ地域の方ですので、見慣れた顔の方も参加されていました。

14時からは森田先生による紙芝居を使った、認知症についての話がありました。
宝善院でのレモンカフェ風景。森田先生による認知症への理解を深める講座。
時折、笑いを誘う講座に皆様真剣に聞かれていました。
認知症になられた家族への接し方や、今現在ある認知症の進行を遅らす方法の紹介をされていました。
進行を遅らすものは、薬と安心感らしいです。
薬は現在4種類あるらしく、もう間もなく新しいものもできるようです。
安心感は家族の協力も必要で、その協力には認知症への正しい理解というのが大切と話されていました。

講義の後は、鷹見先生による琴の演奏でした。
中学二年生のお弟子さんと一緒に、参加者の方たちが一緒に歌える民謡を演奏されていました。
宝善院でのレモンカフェ風景。鷹見先生による琴の演奏。
綺麗な音色が、書院に響いていました。
参加者の方も子供の頃から慣れ親しんだ曲を懐かしみながら歌われていました。

最後に、カフェということで一緒にコーヒーを頂きました。
私どもも一緒にお話しをし、皆様の仲の良さを感じながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。
宝善院でのレモンカフェ風景。当院からのご挨拶。
地域の方が集う場所として、宝善院がお役に立てれたことは大変嬉しいことです。
このご縁に感謝し、大切にしていけたらと思っております。
ありがとうございました。

ご縁に感謝

9月の中旬に、突然「ごめんください」という大きな声が宝善院に響き、玄関を開けると一人の女性が立っていました。
その方は地域の包括支援団体の方で、要件は11月に高齢者向けのイベントで宝善院を貸して欲しいという旨の内容でした。
レモンカフェというイベントで、演奏やお茶を楽しんだりされるものだそうです。
宝善院としては、地域の方がお寺に足を運んで頂けるのは嬉しいことですので、即了承しました。
それから2回程、宇治市の職員さんも交えて打ち合わせをし、明日にレモンカフェを開催いたします。
お越しの方たちが少しでも居心地が良いように、明日は朝から作務(掃除)です。

今回、宝善院を見つけて頂いたのは、数年前から行っている写経やヨガ・御朱印帳作りなどの会をしているのを新聞で見られたのが切っ掛けだそうです。そこから、飛び込みで宝善院に来られたそうです。
色々な会を続けてきて、こうして新しいご縁が出来たことは素直に嬉しいことです。
このご縁が、より良いものになることを願ってます。
当日は、皆さんと一緒にそのイベントを楽しめたらと思っております。
関係者の方、参加者様。どうぞよろしくお願い致します。

宝善院墓地公式ホームページ開設

今月より当院墓地の公式ホームページが開設されました。
当院が大変お世話になっている方の申し出により、製作頂きました。
お墓・仏事のことなどを詳しく記されております。
一度ご覧頂けたら幸いです。
新しいホームページは下記よりご覧頂けます。

宝善院墓地公式ホームページ



普茶料理撮影 於:宝善院(京都府宇治市)

当院の普茶料理の写真を、本日撮影頂きました。
この写真を使い、普茶の紹介をして下さるそうです。
普茶料理の撮影の様子です。

カメラマンさんに、当院のカメラでも一枚撮ってもらいました。
ストロボも使用頂き、鮮やかな一枚を頂きました。
黄檗山塔頭宝善院の普茶料理。

今回撮影頂いた写真で、少しでも普茶料理のことを知って頂ける方が増えると幸いです。
撮影頂きましたカメラマンさん、ありがとうございました。

こころ静かにお寺でヨガ

毎月第三土曜日のヨガ教室。
午前中の教室が一つ増えました。

時間:第三土曜日 10:30‐12:00(岸田純子先生)・15:30‐17:00(高橋恵美子先生)

会費:¥1,500‐

場所:宝善院

参加申し込みは、宝善院(0774-32-4683)まで電話にて受付けております。



ヨガの内容は、ハードなものではなく、呼吸に意識を置いたものになっております。
リラックスや体質の改善に効果があるようです。
各々、自身のペースでヨガをされております。
体力に自信がない方も、気軽にご参加下さい。

夜間特別普茶料理

毎年恒例の夜間特別普茶料理の案内です。


日程は、9月8・9日18時よりです。
秋の特別普茶は、松茸を満喫頂けるものになっております。

お申し込みは、電話にて受付けております。

個別型永代供養墓『禅林壇』

9月より募集予定の永代供養墓『禅林壇(ぜんりんだん)』が、完成致しました。

今月の18日より施工が始まり、今回の募集区分として8区画分の工事でした。




禅林壇は、個別型の永代供養墓です。
管理費等もかからず、各々のお墓に入る人数に限りがありません。代々のお墓として、ご使用できるものになっております。

お墓の詳細は、後日公開予定の宝善院墓地のHPをご覧下さい。石材店様が、HPをご用意くださっております。
そちらが公開されましたら、こちらでもご紹介致します。

墓地の見学は随時可能です。日のある内でしたら、ご自由にお越し下さい。
案内を希望される方は、ご連絡下さい。

日中友好訪中

黄檗宗大本山萬福寺の日中友好訪華団として、北京・西安・敦煌へ行ってまいりました。
7月17日から、五泊六日の日程でした。

北京では、中国国家宗教局と中国仏教協会へ表敬訪問、雍和宮(ようわきゅう)・竜泉寺・へ拝塔しました。
敦煌では、莫高窟・西千佛洞へ、西安では兵馬俑へ行ってまいりました。



今回、中国の寺院を廻らせていただきました。
参ったお寺全てに正面に布袋尊が祀られる天王殿というお堂があり、布袋尊の周りには四天王が後方には韋駄天が安置されてました。
また、本堂へ参ると、本尊の周りを十八体の羅漢像が安置されております。
境内の伽藍の配置は左右対称です。
これらは、萬福寺の造りと全く同じで、仏様の数・配置まで同じでした。
改めて、本山萬福寺が明朝(中国)様式で建てられたお寺だと実感しました。




広済寺では、精進料理を頂きました。その中に、鯉の洗いの擬き料理が出されていました。
普茶料理・日本の精進料理を見てきましたが、鯉の洗いは見たこともなく大変感激しました。


敦煌は、ゴビ砂漠の南西にある街です。中国から西へシルクロードを渡る時に起点になった場所です。
今回行きました莫高窟や西千仏洞には数えきれないほどの仏様が彫られています。それは、シルクロードの旅の安全を祈願する為に修行者によって彫られたのが始まりだそうです。石窟の数、色彩、大きさ、また歴史の深さに、圧巻されました。
また、市もたくさんありシルクロードらしい香辛料なども沢山売られてました。










最終日には、兵馬俑を訪れました。
秦の始皇帝のお墓で、無数の兵士の像などが出土されています。
今現在も全てが出土されていないらしく、中国の広さと始皇帝の当時の強大な力を感じました。




今回は、日中友好訪華団として、宗教局・仏教協会への表敬訪問も無事に済み、また中国の各所を訪れることができ、有意義なものになりました。
また、明朝様式の寺院を実際に見ることができ、本山萬福寺と中国との繋がりを改めて感じることができました。
今後とも、日中の友好関係が深まることを祈念いたします。

第22回ひとやすみ~冷暖茶~ 於:宝善院(京都府・宇治市)

7月2日、聚光会主催のひとやすみでお茶席を当院で設けさせて頂きました。
大変盛況な会でした。
その様子を紹介してまいります。

13時半よりお集まりいただき、塔頭別峰院の廣瀬和尚よりご法話をいただきました。
今回は、お茶にまつわる話を織り交ぜたものでした。
時折、笑い声が聞こえる愉しい法話でした。



法話の後は、家元師範である高日慶園師によるお茶席です。
社中の方(お弟子さん)、6人の協力もあり開かれました。

ペットボトルのお茶は喉の渇きを潤す。一煎のお茶は心の渇きを潤す。

と、家元や高日先生はよく言われております。
今回、少し暑い中ではありましたが、お寺を巡る風を感じながら一煎のお茶を頂き、改めてそれを感じました。
参加者のお茶を頂かれた後の表情を見ていますと、同じようなことを感じられているように伺えました。
第22回ひとやすみ~冷暖茶~が宝善院に於いて開催されました。









素敵なお茶席設けて頂き、大変感謝しております。
ご参加いただいた方も満足そうで何よりでした。
ありがとうございました。

さて、次回のひとやすみは9月10日に塔頭別峰院で写佛体験を行います。
高日先生のお茶もご用意いたしております。次回は、紅茶の予定です。
チラシ等できましたら、当ホームページでもお知らせ致します。

123

メインページ | アーカイブ | 黄檗宗 »