HOME > 宝善院便り > アーカイブ > 宝善院

宝善院便り 宝善院

テラネス体験イベント 於:宝善院(京都府宇治市)

2月19日にテラネスの体験イベントを株式会社コギトさん主催で開催されました。

テラネスは、フィットネス(体幹運動など)とマインドフルネス(瞑想・心のケア)を合わせたものをお寺という環境で行うものです。

今回のイベントは三部構成で、コア・テラネスとフラ・テラネス、坐禅が行われました。


まず、コア・テラネス。

ライザップでも指導をされていた高橋重智先生が講師を務められました。
参加者の体力を聞き、それに合った体幹運動を指導されていました。
ダイエットにきく運動も、沢山紹介されていました。

フラ・テラネス。

スポーツジム等で指導されている平岡栄美先生が講師を務められました。
フラダンスの初歩の動きを数点教えられ、それを合わせて音楽と一緒に踊られていました。
参加者のお連れのお子様も一緒に踊ってました。

坐禅。
こちらは宝善院が担当しました。
コギトさんの提案で、坐禅時に少ない音量で瞑想用にある音楽をかけました。
初めての試みでしたが、なかなか好評でした。


お寺に人が集まる機会を作っていただき、大変感謝しております。
4月からは、テラネスを週1回行う予定です。
皆様のご参加お待ちしております。

参加申し込み・お問い合わせは下記です。

株式会社コギト
テラネス サイトhttp://posh.jp/tn
電話:075-231-8767



テラネス~お寺で心と体を健康にする新しいエクササイズ~ 於:宝善院(京都府宇治市)

2月19日(日)午後1:30よりテラネスの体験イベントを、株式会社コギト様主催で開講致します。

テラネスとは、現代社会におけるストレス対策に注目し、運動神経の強化と身体の機能を高める体幹運動に、瞑想などによる心のケアを融合したプログラムからなるものです。健康的な生活と自分の身体をコントロールできる習慣を身につけます。

イベント当日は、ライザップのトレーナーを経て現在はモデルや国際弁護士など日本を代表する方々のパーソナルトレーナーを担当する、高橋重智講師もお越しになられます。
また、イベントを行うにあたり京都新聞の記事にも取り上げていただきました。お陰様で、イベント当日は満員御礼となりました。
4月からは、フラダンスを取り入れた”フラ・テラネス”の教室を毎週水曜日に開講予定です。
ご参加お待ちしております。


お問い合わせ:株式会社コギト(電話)075-231-8767
テラネスのサイトhttp://posh.jp/tn




守本尊干支感謝祭 於:宝善院(京都府宇治市)

一年の無事を感謝し、新年の無病息災を願い祈祷法要を毎年立春のこの時期に行っております。
参られた方の新たな一年の願い・抱負を書いていただき、法要の際に読み上げました。
法要に際し、煎茶道方円流の家元師範であられる高日慶園師とそのお弟子様により、お献茶・お茶席開廷も行っていただきました。




法要の後のお茶席では、玉露のような甘みのある煎茶を頂きました。
淹れかた一つで、ここまで変るものかと皆さま感激されてました。
高日先生いわく、いつか紅茶席もしようとのことで。大変楽しみです。



今年で第九回を迎える立春守本尊干支感謝祭。
これに携わる全ての方のお陰様で続けてこれております。
ありがとうございます。

新たに迎えた一年。皆様におかれまして幸多い年になりますよう祈念いたしております。

節分が過ぎ、立春を迎え 於:宝善院(京都府宇治市)

宝善院の紅梅も花開き、立春の訪れを教えてくれます。


立春に際し、当院を30年以上護っていただいた達磨さんに代わり新しい達磨さんが来てくださいました。


明日の守本尊干支感謝祭と題する、新年の無病息災等を願う祈祷法要で開眼(かいげん)を行います。
開眼とは新しい達磨さんに、願いを込め向かって右側の眼に墨で目を入れることです。

干支感謝祭では、参られた方それぞれの願意を伺い祈祷を行います。
また、それに伴い献茶、お茶席の開廷も行っております。
各位の御随喜をいただけたら幸いです。



謹んで新年の慶を申し上げます。

謹んで新年の慶を申し上げます。

旧年中は、何かにつけ御法情を戴き篤くお礼申し上げます。

迎えた歳は酉歳。飛びはねる・取り(トリ)込むではなく大地に足をしかっりつけて、一日一日を精進すべき歳だと己を愉ています。
”積善の家に余慶あり”春には本堂と墓所の間の樹木の伐採、桜と紅葉の植樹を予定しております。各位の御芳情のお陰と謝しております。

皆様にとって、よき丁酉歳になる様お祈り申し上げます。
合掌


鏡餅作り 於:宝善院

宝善院では、毎年12月29日に鏡餅を作っております。
御本山、黄檗山萬福寺でも餅つきが行われておりました。
一般には、29日は”苦つく”(九→苦)ということで餅つきを行わないことが多いですが、黄檗宗では29日を”福”と捉えこの日に行っております。


本日作った鏡餅等で本堂の荘厳を行い、新年を迎えます。


※荘厳は、仏教用語で”しょうごん”と読みます。仏像や御堂を美しくおごそかに飾る意です。

お寺でヨガ~こころ休まるひと時を~ 於:宝善院


毎月第三土曜は当院のヨガ教室の日です。



昨日も、皆さま和気藹々とヨガで心休まるひと時を過ごしておられました。
ヨガを通して、当院は色々な方と出会えました。
その出会い。大変感謝しております。
これからも、無事にヨガ教室が発展していくことを祈念しております。


1

メインページ | アーカイブ | 黄檗宗 »