HOME > 宝善院便り > 宝善院 > 宇治市の観光を考える 於:京都文教大学(京都府宇治市)

宝善院便り

< 第24回ひとやすみ~鉄眼一切経版木収蔵庫拝観~ 於:宝蔵院(京都府宇治市)  |  一覧へ戻る  |  【平成29年】煤払い 於:黄檗宗大本山萬福寺(京都府宇治市) >

宇治市の観光を考える 於:京都文教大学(京都府宇治市)

12月9日に京都文教大学に於いての「宇治市の観光を考える」フォーラムに参加致しました。
クラブツーリズム株式会社顧問の宮本様よりのご招待でした。
そこでは、宇治市観光振興計画後期アクションの策定において、観光の質の向上についてや方向性を議論されていました。

パネリストは以下の方たちでした。
  • 宮本茂樹様(クラブツーリズム株式会社顧問・京都文教大非常勤講師)
  • 多田重光様(公益社団法人宇治市観光協会 専務理事)
  • 森田誠二様(ちはやぶる宇治の未来をつくる会 代表)
  • 柯 慈樹様(宇治市市民環境部商工観光課 課長)
  • 片山明久様(京都文教大学総合社会学部 准教授)
コーディネーターは、森正美様(京都文教大学総合社会学部教授・地域協働研究教育センター長)でした。

柯様は、今後の観光案内の機能の強化・宇治駅周辺以外の周遊観光の促進・民泊対策・インバウンド対策の強化を訴えておられました。
宮本様は、今後益々の訪日外国人が増える中で、今の日本観光のゴールデンルートとよばれる「大阪→京都市内→富士山→東京」から地方に拡散していくであろうとされ、それに伴い宇治市も一つの受け皿としての対策をしていくべきであると言われていました。また、学習などの体験型への移行も必要であると述べられていました。
森田様は、以前行った企画で、数名で平安装束を着て宇治を歩いたことを紹介されていました。その際、「インスタ映えする」と観光客に写真を撮られ、それがSNSなどで観光客自らが情報の発信をしていただけたことを話されていました。
片山様は、創造・表現の楽しみが最近の観光の流れになっていると述べられていました。
多田様は、インフラの更なる整備や案内の多言語化について述べられていました。また、宇治市の人口が減少しているのことを話され、これからは観光客が増えるまちが生き残るとされ、その方たちを優しく迎えるのが一つの道と話されていました。

宝善院では、訪日外国人への坐禅などの体験や普茶料理をお愉しみ頂く旨の話があり、大変参考になりました。
フォーラム終了後、宮本様や柯様たちと少し話をして頂きました。
その中で、柯様がフォーラム中に話されていた周遊観光の地として黄檗への取り組みも行っていくと言って頂きました。
とても有難く感じております。
京都文教大学で「宇治市の観光を考える」フォーラムに参加してまいりました。

今後、宇治市観光の政策が成功し、今以上に観光客が増えると混雑など不便なことが増えるかもしれませんが、宇治市の街が「観光客にも優しい街」であり続けていければと願っております。

カテゴリ:

< 第24回ひとやすみ~鉄眼一切経版木収蔵庫拝観~ 於:宝蔵院(京都府宇治市)  |  一覧へ戻る  |  【平成29年】煤払い 於:黄檗宗大本山萬福寺(京都府宇治市) >

同じカテゴリの記事

謹賀新年

年頭に当たり、謹んで皆様に新年のご挨拶を申し上げます。
皆様にとって希望に溢れた新年を迎えられましたことをお喜び申し上げます。

本年は、墓地への参道にお地蔵様を新たに建立予定です。
新たなお地蔵様を迎えるにあたり、更に宝善院が活気あるお寺になるように願っております。
また、毎年2月に行います干支の守本尊様の祈祷法要においても檀信徒・有縁者各位と考案をし、昨年とは少し違うものになるように邁進しております。
どうぞ、本年もよろしくお願い致します。

新年を迎え、各位におきまして素晴らしい一年になりますことを祈念し、新年のご挨拶にかえさせて頂きます。




新年の準備

本年も残すところ数時間になりました。
当院での新年の準備は終わり、新たな年を迎えるのを待つのみになりました。

本年一年間を表す漢字が『災』でした。
字の如く、大阪北部地震・西日本豪雨・台風21号等に被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
京都新聞記事等の通り、当院での坐禅会により義援金を募り、送らせて頂きました。又、当院に於いては、庫裡の屋根瓦の損傷はありましたが、事前にお墓への参道石畳の整備・樹木の剪定等を行い、事なきを得ました。
これも仏様のご加護・各位のご法援と深謝しております。

迎える年は已亥歳です。
禍(災)転じて福となす歳になります様ご祈念申し上げ、歳末の挨拶にかえさせて頂きます。


生きる意味ー夜坐法話[三]ー

ある方の疑問をお聞きしました。
人はなぜ生まれ、死んだらどこへ行くのか。
という問いでした。
その方は、死んだら魂はどのようになるのかを知りたかったのですが、そこにいくまでの問いです。
本日は、一つ、『生』についての意味を、私なりにお話致します。

生まれてきた理由ですが、たまたまこの世に生まれてきたのだと思います。生きる意味は、後から自分自身で見つけていくものです。
同じような質問は、よく聞かれます。
実は、仏教をお開きになったお釈迦様も同じことを問われています。
その答えは、「無記」と言われています。
要は、何も答えない。答えようがない。ということです。

お釈迦様が言われた、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」という言葉をご存知ですか。
この言葉は、過去現在未来また天にも地の果てにも自分という存在は、ただ一人ですよ。とても尊いものなのですよと説かれたものです。
同じようなことを説かれている仏像が御本山の萬福寺にあります。大雄宝殿(だいおうほうでん:萬福寺の本堂にあたるところ)の十八羅漢の中に羅晤羅尊者(らごらそんじゃ)という仏様がおられます。その方はお釈迦様の息子様で自分自身のお腹を開かれ、心の中の仏様の顔を見せられています。どんな人間にも仏様の心、仏心がありますよ。生まれたばかりの赤子でも仏心があります。とても尊いものなのですよといわれています。

私たちが、この世に誕生することは奇跡です。有難いことです。
そのことに気付き、また自分自身がどれだけ尊いものなのか、他の人がどれだけ尊いものなのかを気付きましょう。
そこで、人を大切に、自分を大切に生きていくことが大切だと思います。

どんな人間でも迷いというものが生じます。
迷って、迷って、随所に沢山のことを刻んで生きていきます。
生まれたことに理由はありません。
でも、生きた軌跡は残ります。
そこから、生きる意味というものが生まれてきます。
世の為、人の為、そして自分の為に良いと思う行いをした人ほど、その人が生きた意味は良いものになるのではないでしょうか。

どうぞ、間もなく迎える新年にあたり、この事を心のどこかにおいて頂けると幸いです。




平成30年12月23日月例夜坐分

【雑誌掲載】AFFLUENT2018Winter特集記事(京の隠れや)



アフルエント京都版11月号~本物を知る大人に~の特集ページにおいて宝善院が特集されました。
普茶料理を中心に、仏様・庭・御朱印について書かれていました。



ウェブサイトで記事がご覧になれます。
下記に紹介しておきます。

https://affluent-kyoto.com/archives/1487



自分のこころを大切にー夜坐法話[二]ー

『何よりも自分のこころを守りなさい。それが命の源です。』

会社、学校などで、人からの目を気にしすぎて、自分自身のこころに嘘をついていませんか?
ありのままの心で返事・行動をしていますか?

・話をしている相手に嫌われるかもしれないか不安で。
・周りからの評価が気になって。
・好きな子に好かれたくて。
そんな時、自分自身の意にそぐわない行動をとってしまっている。
それは、自分自身の心に嘘をついていること。

どんな時もでも、自分自身のこころを守ることを最優先して、ありのままの心で行動や返事をして下さい。
心が死んでしまったら、元も子もありません。
ありのままの心を守ることを優先しましょう。

禅宗では、このことを”自然(じねん)”といいます。
「良く見せよう」「見ている人を感動させよう」という自我を捨て、その時できる精一杯のことを実践する。
人間関係においても「自然のままの自分のこころ」が大切ということです。

どうぞ、そのことを心の片隅にでもおいて生活して頂けたら幸いです。


平成30年10月26日”守山バレー教室”
平成30年11月25日月例夜坐分