カテゴリ

  • 供養について

HOME > 仏事のお話

仏事のお話

自分のこころを大切にー夜坐法話

『何よりも自分のこころを守りなさい。それが命の源です。』

会社、学校などで、人からの目を気にしすぎて、自分自身のこころに嘘をついていませんか?
ありのままの心で返事・行動をしていますか?

・話をしている相手に嫌われるかもしれないか不安で。
・周りからの評価が気になって。
・好きな子に好かれたくて。
そんな時、自分自身の意にそぐわない行動をとってしまっている。
それは、自分自身の心に嘘をついていること。

どんな時もでも、自分自身のこころを守ることを最優先して、ありのままの心で行動や返事をして下さい。
心が死んでしまったら、元も子もありません。
ありのままの心を守ることを優先しましょう。

禅宗では、このことを”自然(じねん)”といいます。
「良く見せよう」「見ている人を感動させよう」という自我を捨て、その時できる精一杯のことを実践する。
人間関係においても「自然のままの自分のこころ」が大切ということです。

どうぞ、そのことを心の片隅にでもおいて生活して頂けたら幸いです。


平成30年10月26日”守山バレー教室”
平成30年11月25日月例夜坐分

1

アーカイブ