HOME > 仏事のお話

仏事のお話

生きる意味ー夜坐法話[三]ー

ある方の疑問をお聞きしました。
人はなぜ生まれ、死んだらどこへ行くのか。
という問いでした。
その方は、死んだら魂はどのようになるのかを知りたかったのですが、そこにいくまでの問いです。
本日は、一つ、『生』についての意味を、私なりにお話致します。

生まれてきた理由ですが、たまたまこの世に生まれてきたのだと思います。生きる意味は、後から自分自身で見つけていくものです。
同じような質問は、よく聞かれます。
実は、仏教をお開きになったお釈迦様も同じことを問われています。
その答えは、「無記」と言われています。
要は、何も答えない。答えようがない。ということです。

お釈迦様が言われた、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」という言葉をご存知ですか。
この言葉は、過去現在未来また天にも地の果てにも自分という存在は、ただ一人ですよ。とても尊いものなのですよと説かれたものです。
同じようなことを説かれている仏像が御本山の萬福寺にあります。大雄宝殿(だいおうほうでん:萬福寺の本堂にあたるところ)の十八羅漢の中に羅晤羅尊者(らごらそんじゃ)という仏様がおられます。その方はお釈迦様の息子様で自分自身のお腹を開かれ、心の中の仏様の顔を見せられています。どんな人間にも仏様の心、仏心がありますよ。生まれたばかりの赤子でも仏心があります。とても尊いものなのですよといわれています。

私たちが、この世に誕生することは奇跡です。有難いことです。
そのことに気付き、また自分自身がどれだけ尊いものなのか、他の人がどれだけ尊いものなのかを気付きましょう。
そこで、人を大切に、自分を大切に生きていくことが大切だと思います。

どんな人間でも迷いというものが生じます。
迷って、迷って、随所に沢山のことを刻んで生きていきます。
生まれたことに理由はありません。
でも、生きた軌跡は残ります。
そこから、生きる意味というものが生まれてきます。
世の為、人の為、そして自分の為に良いと思う行いをした人ほど、その人が生きた意味は良いものになるのではないでしょうか。

どうぞ、間もなく迎える新年にあたり、この事を心のどこかにおいて頂けると幸いです。




平成30年12月23日月例夜坐分

自分のこころを大切にー夜坐法話[二]ー

『何よりも自分のこころを守りなさい。それが命の源です。』

会社、学校などで、人からの目を気にしすぎて、自分自身のこころに嘘をついていませんか?
ありのままの心で返事・行動をしていますか?

・話をしている相手に嫌われるかもしれないか不安で。
・周りからの評価が気になって。
・好きな子に好かれたくて。
そんな時、自分自身の意にそぐわない行動をとってしまっている。
それは、自分自身の心に嘘をついていること。

どんな時もでも、自分自身のこころを守ることを最優先して、ありのままの心で行動や返事をして下さい。
心が死んでしまったら、元も子もありません。
ありのままの心を守ることを優先しましょう。

禅宗では、このことを”自然(じねん)”といいます。
「良く見せよう」「見ている人を感動させよう」という自我を捨て、その時できる精一杯のことを実践する。
人間関係においても「自然のままの自分のこころ」が大切ということです。

どうぞ、そのことを心の片隅にでもおいて生活して頂けたら幸いです。


平成30年10月26日”守山バレー教室”
平成30年11月25日月例夜坐分

懸命な生き方はカッコ良い-夜坐法話[一]-

本日に安室奈美恵さんが引退されました。
25年間の辛い日々もあったであろう中で、ここまで走り続けてこられたのは大変素晴らしいことであると感じております。それと同時に、生き方は違えどあのような生き方が出来ればとも感じました。
どのような事にも、始まりがあれば終わりもきます。それは終わりもあれば、また新たな始まりがあることも意味しています。
ある本を読んでいますと、人間の一生をローソクに例えた話がありました。それを一つ紹介しておきます。
ローソクは、長さが寿命です。火を灯すと、その寿命を減らしながら周りに明るさと暖かさを与えることを使命として生きていきます。
やがて、そのローソクは燃え尽き、火が消え、活動が終わります。そこでローソクの一生は終わりです。
自分勝手に火を灯し生きることも出来ません。何かに火を灯してもらい、初めて燃え出します。つまり、生かされているのです。
人間も同じです。自分勝手にこの世に出てくるということはありません。何かの縁があって、何かの使命を持って、生かされているのです。
そのことに気付き、懸命に生きていかなければなりません。
このことを、安室さんの引退から改めて感じさせられました。
どんな辛いことがあっても、自分自身がしょうもない人間だなと思うことがあっても、懸命に生きていかないといけません。
この世の中は、『無常』の世界です。懸命に生きていけば、必ず良い方に流れることもあります。
常は無いと書いて無常です。変わらない物は、何一つありません。
あせらず、くさらず、明るく、懸命に生きたいものです。

平成30年9月16日夜坐分

1

アーカイブ