HOME > 禅語集 > 狐峰頂上嘯月眠雲大洋海中翻波走浪(狐峰頂上月に嘯き雲に眠る、大洋海中波を翻し浪に走る。)

禅語集

< 狐峰頂上目視雲霄古渡頭邊和泥合水(狐峰頂上目に雲霄を視、古渡頭邊和泥合水す。)  |  一覧へ戻る  |  姑蘇台畔不語春秋衲僧面前豈論玄妙(姑蘇台畔春秋を語らず、納僧面前豈に玄妙を論ぜんや。) >

狐峰頂上嘯月眠雲大洋海中翻波走浪(狐峰頂上月に嘯き雲に眠る、大洋海中波を翻し浪に走る。)

狐峰頂上月に嘯き雲に眠る、大洋海中波を翻し浪に走る。
ーこほうちょうじょうつきにうそぶきくもにねむる、たいようかいちゅうなみをひるがえしなみにはしる。-

上句は眞人の心中の境地、下句は世上に下って化度三昧の相。

< 狐峰頂上目視雲霄古渡頭邊和泥合水(狐峰頂上目に雲霄を視、古渡頭邊和泥合水す。)  |  一覧へ戻る  |  姑蘇台畔不語春秋衲僧面前豈論玄妙(姑蘇台畔春秋を語らず、納僧面前豈に玄妙を論ぜんや。) >