HOME > 禅語集 > 劒輪飛處日月沈輝寶杖敵時乾坤失色(劒輪飛ぶ處日月輝を沈め、寶杖敵する時乾坤色を失す。)

禅語集

< 姑蘇台畔不語春秋衲僧面前豈論玄妙(姑蘇台畔春秋を語らず、納僧面前豈に玄妙を論ぜんや。)  |  一覧へ戻る  |  金以火試玉以石試水以杖試人以言試(金は火を以て試み、玉は石を以て試み、水は杖を以て試み、人は言を以て試む。) >

劒輪飛處日月沈輝寶杖敵時乾坤失色(劒輪飛ぶ處日月輝を沈め、寶杖敵する時乾坤色を失す。)

劒輪飛ぶ處日月輝を沈め、寶杖敵する時乾坤色を失す。
ーけんりんとぶところじつげつひかりをしずめ、ほうじょうてきするときけんこんいろをしっす。-

劒輪、寶杖は本分を指す。
悟りの本心が現るると、日月も天地も影を収めて了う。

< 姑蘇台畔不語春秋衲僧面前豈論玄妙(姑蘇台畔春秋を語らず、納僧面前豈に玄妙を論ぜんや。)  |  一覧へ戻る  |  金以火試玉以石試水以杖試人以言試(金は火を以て試み、玉は石を以て試み、水は杖を以て試み、人は言を以て試む。) >