HOME > 禅語集 > 漁歌烟浦咸稱富貴樵唱雲樹共樂昇平(漁は烟浦に歌って咸な富貴と稱し、樵は雲樹に唱えて共に昇平を樂む。)

禅語集

< 仰之彌高鑚之彌堅瞻之在前忽焉在後(之を仰げば彌高く之を鑚れば彌堅し、之を瞻て前に在るかとすれば忽焉として後に在り。)  |  一覧へ戻る  |  求之得寤寐思服悠哉悠哉輾轉反側(之を求めて得ざれば寤寐にも思い服う、悠なるかな悠なるかな輾轉し反側す。) >

漁歌烟浦咸稱富貴樵唱雲樹共樂昇平(漁は烟浦に歌って咸な富貴と稱し、樵は雲樹に唱えて共に昇平を樂む。)

漁は烟浦に歌って咸な富貴と稱し、樵は雲樹に唱えて共に昇平を樂む。
ーぎょはえんほにうたってみなふうきとしょうし、しょうはうんじゅにとなえてともにしょうへいをたのしむ。-

山村も海辺も萬民和樂天下泰平の様子。
何処か光明ならざる。

< 仰之彌高鑚之彌堅瞻之在前忽焉在後(之を仰げば彌高く之を鑚れば彌堅し、之を瞻て前に在るかとすれば忽焉として後に在り。)  |  一覧へ戻る  |  求之得寤寐思服悠哉悠哉輾轉反側(之を求めて得ざれば寤寐にも思い服う、悠なるかな悠なるかな輾轉し反側す。) >